婚活成功のための「厳選コミュニケーション術」

実践的な、婚活シーンに合わせた具体的なコミュニケーションについてお伝えします。

 

 テクニック1.婚活での印象を決定づける「覚えてもらえる自己紹介」

自己紹介において、もっとも大切なことは、相手の「記憶」に残ることです。

大勢が参加する婚活イベントでは、女性は、ひとりひとりの自己紹介をきちんと覚えられません。

大勢の中に埋もれないように、きちんと印象を残すことが大切なのです。

 

記憶に残すには、印象的なキーワードを盛り込むと効果的。

例えば、名前を言うだけでも、キーワードを盛り込むことで、覚えてもらえるようになります。

 

例:名前を言う

「吉田です」→「吉田春樹です。村上春樹さんと同じ字を書きます。」

「松本達也です」→「松本達也です。よかったら達ちゃんと呼んでください。」

同様に、出身地を言うのも、以下のように工夫することができます。

 

例:出身地を言う

「長野県出身です」→「長野出身です。映画”君の名は“のモデルになった諏訪湖の近くです」

「千葉から来ました」→「千葉から来ました。ディズニーランドが近くにあります」

いかがでしょうか。名前や出身地といった、シンプルな内容でも、ひと工夫することで大きく印象は変わりますよね。

 テクニック2.心の距離がぐっと縮まる「動機の質問」

会話中、相手との心の距離を縮める、もっとも効果的な質問があります。

それは、「動機」に関する質問です。

 

出会ったばかりの頃の会話は、仕事や趣味の話題が中心になるはず。

このときぜひ、「何故それをしようと思ったのですか?」と、動機を尋ねてみてください。

 

この「動機」には、その人の価値観やストーリーが潜んでいます。

ここを尋ねると、相手は、自分の大切にしている価値観や自分史を話してくれます。

結果、相手を深く知ることができ、また、話すことで、相手も自分に心を開いてくれます。

 

【質問例】

今の仕事を選んだのは、何かきっかけがあったのですか?

なぜ、〇〇(職業や趣味)をしようと思ったのですか?

この質問の回答には、相手の価値観が現れてきます。

 

【回答例】

「人を喜ばせるのが好きでサービス業を選んだ」⇒人が好き

「美しいものにふれているのが好きでインテリアの仕事を選んだ」⇒美意識、生活環境への意識が高い

「料理があまりにもできなくて、クッキングスクールに通いだした」⇒向上心が強い、食に関心がある

 

恋愛において、相手の価値観を知ることは、とても大切なポイントです。

また、それを聞いてくれた男性にも、好印象を持ちます。

 テクニック3.女性はこれがいちばんうれしい!「共感的な表現」

女性は、自分に共感してくれる相手に心を開きます。

男性と女性の会話において、何を重視しているかを比べると、次のような違いが顕著に表れます。

 

【会話において重視しているもの】

・男性=問題解決

・女性=共感

 

例えば、女性が「仕事で残業続きでたいへんなの」と話をはじめたとき、

男性がついやってしまいがちなのが、「誰かに手伝ってもらったらいい」「仕事の優先順位を見直したらいい」

などのアドバイス。

 

女性は、こうしたことを求めているのではありません。話を聞いて、共感してほしいのです。

 

欲しい言葉は「そうか、たいへんだね」「いつもがんばっているね」など、

共感やねぎらいの言葉なのです。婚活でも、ここを意識しましょう。

 

女性が自分の価値観を話してくれたら「素敵だね」「すごいね」「がんばているね」などの、

共感的な言葉をかけ、応援してあげるといいでしょう。