必要とされる「営業センスを高める6つの方法」

センスというと、感覚的、感性的な捉え方をされます。

脳科学では、「感性とは脳の状態」だと言います。

脳の状態とは、脳に神経回路ができているかどうかです。

 

意識的に営業センスが高い人の特徴(感性)を実践することで、脳に営業用の神経回路が複数作られます。

さらに実践を繰り返すことで、神経回路は結合されていき、実践で使えるレベルまで強化することができます。

それでは以下に、営業センスを高める方法をご紹介します。

 テクニック1.営業センスが高い人を模倣する

営業センスが高い人の特徴(視点、思考、行動)をお手本にしましょう。

これが営業センスを高め、売上を上げるための近道です。

 

この時「どのような行動を取っているか?」ということ以上に、

「なぜ、そのような思考と行動を行うのか?」「何を大切にしているか?」が大事です。

 

営業センスの高いトップ営業とそうでない営業の違いは、

行動を生み出す視点、思考、価値観にあるからです。

 

心理学や脳科学では、「なぜ?」の部分に、

結果につながる重要なポイントが存在すると教えてくれます。

 

そのため、営業センスを高めたいなら、営業センスの高い人を模倣することがポイントです。

この方法を心理学NLPでは「モデリング」と言います。

 テクニック2.具体的な特徴や方法を学ぶ

営業センスを高めるために、書籍や講座で学ぶことも効果的です。

良質で実践的な方法の存在を知ることで、お手本にすることができます。

 テクニック3.具体的な行動を繰り返す

繰り返すことで神経回路を強化できます
その時「ポイントを押さえた繰り返し」が重要です。

 

この時の行動は、練習も大事ですが、実践も大事です。
集中力と緊張感を伴うたった一度の実践が、10回、20回の練習より効果的なことは多々あります。
それくらい実践は、強力なインプットになり、神経回路を強化します。これが急成長につながります。

 テクニック4.イメージする

イメージの中で、繰り返し新しい行動を行いましょう

しっくりするまで繰うことで、神経回路が強化されます。

 

この時、イメージの中でも現実のように改善を繰り返しましょう。

より詳細に、より具体的なイメージをすることで、神経回路が鍛えられます。

イメージが現実に思えるほど、臨場感を高めことがポイントです。

これは脳科学や心理学でも推奨されている、実践的なテクニックです。

 テクニック5.たくさんの事例を目にする

様々な事例を見て、「自分の営業に置き換えると、どのように使えるか?」

「この事例から、何を学べるか?」と考え、イメージしましょう。

成功事例は、成功するための視点、価値観、思考、行動を教えてくれ、

失敗の事例は、失敗するための視点、価値観、思考、行動を教えてくれます。

この積み重ねが、営業としての重要な引き出しになります。

引き出しが多いほど、その場その時の状況に合わせて、良質なアイデアを出し

、営業上の工夫や改善を行い、成約率を高められるようになります。

 テクニック6.テストと改善を繰り返す

人一倍、工夫、テスト、改善を繰り返しましょう。

 

実践の中でテストと改善を繰り返し、「昨日より今日」「今日よりも明日」

と実践することで、神経回路に強力に刻まれます。

営業レベルを1つ、2つレベルに引き上げるために、極めて重要な方法です。